2017年11月25日土曜日

りんご(放送日11月21日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。

本日紹介する食材は!色・ツヤ抜群!岩手のの時期おいしい果物!「リンゴ」 です。


11月も残りあと少し。これからがいろんな品種のリンゴを楽しめる時期ですよね。
今は、およそ5種類くらいのリンゴが出回っています。今年の夏は日照不足の影響でやや小玉傾向ですが、その後天候も安定したこともあり実の色つきや蜜入りはとても優れています。

今日は赤系品の「サンふじ黄色系品種の「はるかを用意しました。
どちらも岩手県内で作られているものです。

 <おいしいリンゴの選び方> 

赤いリンゴの場合 ⇒ お尻まで色づいているもの。糖分が多く、甘味があって味が濃い。

黄色いリンゴの場合 ⇒ 黄色みが増すほど良い。熟して来ると緑色が抜けて黄色くなっ            てくる。

では、それぞれの特徴を見ていきましょう。まずは黄色系品種から。

はるか」~黄色系品種~

岩手大学農学部で生み出された品種です。とにかく甘いのが特徴です。11月下旬からの岩手の厳しい冷え込みによって、いっそう蜜入りが良く、甘味が増します。

まだ蜜は少なめ。これからもっと蜜が増してきます。

これから、冬にかけてが『旬』と言うことですね。 
今はまだ出初めです。今週末くらいから本格的な出荷が始まるので、ぜひ皆さんに岩手の気候が育む甘さとコクをそのまま丸ごと楽しんでほしいです。

サンふじ」~赤系品種~

これは昔からなじみのある品種ですね!甘みと酸味のバランスが良くとれている赤リンゴの代表格的存在!育てる上で、袋をかけずに日光をあてて栽培しているため、表面はまだら模様のものが多いですが、完熟して甘さが増し、中央部分に蜜が入っています。
 
たくさん蜜が入ってます!(^O^)

今日は、甘さと酸味の特徴を活かしつつ、その風味を長く楽しめるレシピをご紹介します。

 「リンゴのキャラメリゼ」 
作り方
①リンゴを2~3ミリの輪切りにして 芯を取る
②フライパンに砂糖を入れ中火にかける
③砂糖が焦げる直前にリンゴを入れてからめる
 味が染みこんだら完成です 

砂糖を入れても、サンふじのほどよくサッパリとした酸味が感じられるので、くどくなくおいしく味わえます。ヨーグルトなどにジャム代わりにしていただくのもオススメです。


今日はホットケーキと合わせてみました。ホットケーキの甘さにキャラメリゼの甘みと酸味が加わり、味のバランスが良く、おいしくいただけます。お子様や、おもてなしにも喜ばれる一品です。
おいしい!( ^)o(^ )

いろいろなレシピでこれからのリンゴの季節を楽しみたいですね。今日はリンゴを2つご紹介しました。

(^o^)丿

本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)北田 光博さんとNHK伊藤 彩キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。



皆様ぜひご覧ください。



次回(2017年11月28日)放送予定は 「ダイコン」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください

2017年11月20日月曜日

タラ(放送日11月14日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。

本日紹介する食材は!全長1メートルほど、重さは20キロになるものもある立派なタラ。日本近海ではおよそ90種類のタラが獲れるということです。
その中の代表格  「真鱈(まだら)」 を紹介します! 


写真はメスです。
 
タラは魚へんに雪と書きます。初雪が降りだすころに獲れ始めることから、この成り立ちになったと言われています。この季節には欠かせない魚ですね!


今月に入って宮城・岩手の三陸沖や北海道の根室などで水揚げされています。現在の量は比較的少なめで、価格も例年より1~2割ほど高め傾向です。しかし、ピークを迎える12月以降は量も増えてくると思うので、価格も安定する見込みです。

<旬の真鱈の特徴>
この時期は、産卵前で栄養をたっぷりと蓄えているため、身がふっくらとしています。これから12月以降はより脂ものってきます。
そして、真鱈の旬は白子の旬でもあります。オスの精巣である白子もこの時期は濃厚で甘く、食べ応えがあります。

           旬のタラ 
          ・身がふっくら 脂も乗ってくる
          ・白子も濃厚 甘い



通常は切り身として売っていると思います。 切り身と白子。実際に買う時には、どのような点を見ると良いでしょうか

<購入する時のポイント>
切り身は身や皮の色を見るのがポイントです。身に透明感があり、ほのかにピンクがかった弾力のあるのが鮮度の良い証拠で、皮も白っぽくなっていないものを選ぶと良いでしょう。
また、白子は、溶けかけていない形の良いものを選ぶようにしましょう。

        購入する時のポイント 
       切り身 透明感があり、ほのかにピンクがかった弾力のある物
       白 子 溶けかけていない 形の良い物


タラと言ったら鍋料理、煮付けと、どんなお料理でもおいしくいただけます。


タラは他の魚と比べて水分が多い魚です。そのため煮崩れを起こしやすいです。調理前の下処理で水分を取っておくことで、煮崩れしにくくなります。

           調理する時のポイント 
調理前に水分を取る ⇒ 煮崩れを防ぐ

<簡単な下処理のご紹介>
タラ全体に塩をふって、ラップに包みます。10分程置くと、余分な水分が出てきます。料理用ペーパーでふき取り下処理完了です。
この下処理をしたタラを使った、おいしい料理をご紹介します。

  「タラとジャガイモのミルク煮」 

作り方
・タラに小麦粉をまぶし、フライパンで焼く
・バターでニンニク・玉ネギ・ジャガイモを炒める
・焼いたタラを入れ、牛乳・コンソメ・ローリエ・塩コショウを加えて10分~15分煮込む
・最後にパセリをふりかけて完成です。

タラはサッパリとした淡泊な味が特徴ですので、味付けはしっかりとつけるのがおススメです。また、タラにはカルシウムの吸収率を高める「ビタミンD」がたっぷりと含まれているそうです。乳製品と組み合わせることでカルシウムを効率よく摂ることができます。

          ビタミンD豊富 
         タラ+乳製品 ⇒ カルシウム吸収率UP⇗⇗⇗

チーズなどを加えてトロッと仕上げてもおいしそうですね~!

そして白子も旬です!

白子は、濃厚でクリーミーな味わいを楽しんでほしいので、味付けはシンプルが鉄則です。

白子を湯がいてポン酢やレモンをかけて食べて下さい。お好みではありますが、塩をふってから湯がくとプリプリとした食感が引き立ちますよ。

            湯がく時のポイント 
           塩を振ってから湯に通す ⇒ プリプリ食感に

試食してみます !白子をポン酢につけた物です。


トロッとして甘みがあります!

白子、そのままでもおいしいですが天ぷらもおいしいですよね!

 「白子の天ぷら」 

作り方
・白子に塩をまぶしてヌメリを取りましょう。
・水気を取って、片栗粉をまぶします。
・天ぷらの衣をつけて、さっと油で揚げます。

        揚げるときのポイント 
       片栗粉にまぶしてから衣をつける ⇒ カラッとした仕上がりに

お好みで塩やポン酢をつけてお召し上がりください。
天ぷらを試食してみます。
サクサクの衣の中にトロっとした白子がおいしいです。旨味が凝縮しています。
天ぷらも試食!自然に笑顔が(^O^)

旬のタラは、身も白子もどちらもおいしいですね。おいしいタラをたらふく食べて、英気を養おうと思います。

( ^)o(^ ) たらふく食べてね!  <+ ))><< 
タラの旬は来年2月頃まで続きます。身も白子もおいしいタラですが、実はアラも旨味がギュッと詰まっています。スーパーや鮮魚店などでは、この時期、アラも買うことが出来ますので、是非、季節の野菜などをたっぷりと入れてアラ汁にしていただいて欲しいと思います。捨て所の無いタラは様々な料理で活躍します。



本日お届けしたのは 盛岡水産(株) 佐藤 彩斗さんとNHK 渡邉 真子キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。



皆様ぜひご覧ください。



次回(2017年11月21日)放送予定は 「りんご」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください



2017年11月17日金曜日

みかん(放送日11月7日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。

本日紹介する食材は!甘酸っぱい良い香り♪これからの季節、おいしい果物 「みかん」 です。





お店でもミカンをよく見かけるようになりました。
いま、出回っているのは主に早生品種(わせひんしゅ)が主流です。今年は、ミカンが成長する夏、ほどよく雨が降り天候も安定したこともあり、大きくて立派な実ができています。味も見た目も良好です。


<早生品種の特徴>
酸味と甘みのバランスがよく取れています。一粒当たりの水分量も多く、みずみずしいです。袋(砂嚢)が薄く食べやすいです。

今、シーズンは初めてのミカンです。試食してみます。

酸っぱさもありますが、はじける果汁の中にしっかりとした甘さもあります。爽やかな酸味と甘みが口の中いっぱいに広がります。



これからお正月の時期にかけては、ミカンをまとめ買いする方や、箱ごといただくこともある、という方も多いはずですね。保存で気を付けることがあります。


<保存方法>
冷蔵庫には入れないことです。低温障害を起こして、傷んでくる場合があります。風通しが良い冷暗所に置くことをお勧めします。
箱ごと保存するときは、箱ごとひっくり返します。流通の時点で底のみかんに負担がかかってしまっています。なるべく底の物から食べたほうが良いです。

                  保存方法 
                   ①冷蔵庫に入れず、涼しい場所に置く
                  ②箱ごとひっくり返して底の物から食べる

箱の下になっていたミカンから食べるために逆さまにします。

また、早生品種は熟れやすいので、早めに食べた方がいいでしょう。



熟れやすい早生ミカン。大量にいただいて消費しきれないときなど、有効においしくいただく方法をご紹介します。

レンジで簡単! 「ミカンソース」 

鮮やかな黄色。いい香りがしています。


作り方 
①ミカンの皮をむいて、薄皮ごと切って一粒づつ分ける
②耐熱容器にミカン、グラニュー糖、レモン汁を混ぜて電子レンジに5分かけ ミキサーにかける
③とろみがつくまで 再び電子レンジにかける


こんなに鮮やかな黄色になります。

ほど良い酸味とフルーティな香りが、デザートからお料理まで、幅広く有効活用できます。火を使った加熱が不要なのでお手軽に作ることができます。




このミカンソース、お料理にも使えます。このように鶏肉などのソテーなどに添えても味のアクセントになります。見た目もおしゃれですし、おもてなしにも良さそうですね。




このミカンソースを活かしたレシピ
 「ミカンフレンチトースト」 


作り方
卵を割りほぐして ミカンソースを混ぜる
②フォークで穴をあけたパンを浸してしみ込ませる
③フライパンでバターを熱し、パンを両面焼いて、ミカンソースをかける


これもまた、鮮やかな黄色でおいしそうです。
ミカンソースの甘さが暖かいパンに染みこんで、寒い朝などにも良さそうですね。酸味もほどよくあるのでしつこくない甘さでさっぱり味わえます。おやつにも、おもてなしにも最適ですね。


そのまま食べる以外にも、おいしさ・甘さを活かして色々な料理に挑戦できたらと思います。
 
ヽ(^o^)丿




本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)北田 光博さんとNHK伊藤 彩キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。



皆様ぜひご覧ください。



次回(2017年11月14日)放送予定は 「タラ」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください

2017年11月6日月曜日

小松菜(放送日10月31日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。

本日紹介する食材は!旬を迎えて甘みが強くなった葉物野菜 「小松菜」 です!



きょうは、全国生産量トップクラスの埼玉県産のものを用意しました。

去年は9月の台風の影響で品薄状態となり、一時値上がりすることがありました。
しかし、ことしは9月から10月にかけて天候が安定していたので、生育が良好です。先日の台風の影響も多少感じられたものの、大きな影響はなく順調に出荷されています。

小松菜は1年中出回っている食材ですが、

”本来の旬は冬”

小松菜は寒ければ寒いほど葉に糖分を蓄える性質をもっているので、これからの時期は甘みがより強くなりおいしさが増します。


≪ おいしい小松菜の選ぶポイント ≫

 
 ・ 葉が濃い緑色のもの
 





 ・ 茎が太くしっかりしているもの








おすすめのいただき方は、

定番の小松菜の 『おひたし』 です。

    

旬の時期は甘みがありますので、シンプルに味わうのがおすすめ



それでは、 ” 食べてみま~す ” !(^^)!


食感が良く、葉からどんどん甘みが感じられます!

おひたしは、ラップに包んでレンジで1分温めるだけで出来てしまう、とても簡単なお料理です。

ぜひ、試してみてください (^_^)/


葉物野菜は、食卓の主役というよりはおひたしやサラダ、炒め物などの付け合わせのイメージですね。そんな葉物野菜を買った時の代表的な悩みはこちら↓



一度では使い切れず、保存しておいたら残りをダメにしてしまったなんてことも!

”上手に使い切るには? ”

      ⇓

葉物野菜はあまり日持ちしないため、短期間で一気に使ってしまうのがおすすめ


余った小松菜は、単体でおかずにするよりもごはんや麺類など主食に加えてみましょう (^_^)/

 『小松菜チャーハン』 


【作り方】

 ● 小松菜・にんにく・しょうが・ねぎはみじん切りにします。
 
 ● フライパンに油を熱し、にんにく・しょうが・ねぎ・エビを入れて炒めます。

 ● 火が通ったら、小松菜・卵・ご飯を加えて混ぜ合わせます。

 ● コショウやしょう油で味を調えたら完成!


小松菜は、アクが少なく、下茹で不要です。
手軽に調理できるので多彩な料理に使える便利な野菜ですね。
おひたしや汁物、そしてご飯と1食のすべてに取り入れてみてもいいかもしれませんね。

≪ 小松菜の栄養 ≫

カルシウムや鉄分が特に多く含まれていて、ほうれん草と肩を並べるほど栄養価が高く、風邪の予防や疲労の回復などに効果的だといわれています。


皆様も、寒くなる季節、食卓にたっぷりと取り入れてみてはいかがでしょうか (^_^)/




 

本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)原田 健児さんとNHK渡邉 真キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。



皆様ぜひご覧ください。



次回(2017年11月7日)放送予定は 「ミカン」 です。