2016年10月17日月曜日

サケ(放送日10月11日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!今が旬の 『鮭』 




先月、盛岡市の中津川でも遡上が確認された鮭。

深まる秋を感じますね (^_^)

この時期に水揚げされる鮭は、数年間北の海で荒波にもまれながら育ち、産卵のため川に遡上する直前のもので、脂が乗っていておいしいです。特に、メスは筋子やいくらなどを抱えていて食べ応え抜群です。

きょうは、宮古港で水揚げされたものを用意しました。


≪鮭の栄養≫


鮮やかな赤い色!
鮭の赤い色には、栄養がたっぷり含まれています。

・ 赤い色は「アスタキサンチン」という色素で体の中で有害な活性酸素をのぞく働きをもちます。

・ 血中コレステロールを抑えるEPA」や「DHA」が豊富。


・ 骨を丈夫にする働きを持つ「ビタミンD」も多く含まれています。        


≪栄養を活かしたレシピのご紹介♪≫


『鮭と大豆のミルクスープ』



【作り方】

① 鮭を一口大に切り、小麦粉をまぶし、お好みの野菜を乱切りにします。

② オリーブオイルで鮭と野菜を炒め、牛乳・洋風スープの素を加えてひと煮立ちさせます。

③ 野菜に火が通ったら大豆を加え、塩コショウで味を整えたら完成!


鮭のビタミンDは、牛乳に含まれるカルシウムの吸収を助け、大豆の栄養イソフラボンビタミンDを増やす働きを持ちます。とても理にかなった食べ方なんです!

栄養たっぷりな上に、寒くなってくるこの時期に、体も芯からあたたまりそう (^_^)/


『鮭の皮と野菜のかき揚げ』



つい残してしまいがちな鮭の皮には、コラーゲン(女性の味方!)がたっぷり含まれています。

歯触りや生臭さが気になってしまう方もいると思いますが、そこでご紹介したいのは、このレシピ!


【作り方】

① 鮭の皮は、魚焼きグリルにアルミホイルを敷いて広げ、塩を振って、軽く焼き目が付くまで焼きます。

② 粗熱が取れたら一口大に切ります。

③ お好みの野菜を混ぜて天ぷら粉でさっと揚げたら完成!


カラッと揚げたかき揚げなら、臭いも気にならず手軽なおかずの一品として食べられます。


食べてみま~す (#^.^#) 


香りは全く生臭さが感じられません


天ぷらの香ばしい香り、野菜がぴったり!食べごたえがあります。

皮の生臭さ、歯触りが全く気にならないので、お子様にもおすすめできそうです。


≪鮭の保存方法≫

生鮭はあまり日持ちしないので、3日以上保存する場合は、塩を振るか冷凍すると良いです。



食欲の秋、たくさん食べて栄養をつけてください!


!(^^)!



本日お届けしたのは 盛岡水産(株) 佐々木 優さんとNHK伊藤 彩キャスターでした!



「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。



皆様ぜひご覧ください。




次回(2016年10月18日)放送予定は 「サツマイモ」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください

0 件のコメント:

コメントを投稿