2016年9月27日火曜日

梨(放送日9月20日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は! 『梨』 
左、「あきづき」   右、「二十世紀梨」
お店でも色々な品種の梨を見かけるようになりましたね。

今年は天候のいい日が多かったため、出荷は一週間ほど早く、7月下旬ころから出回り始めています。今年も味・見た目ともに良好です。今年はぜひ、美味しい梨を楽しんでください。

9月上旬ころから品種が変わります。今はちょうど品種が多く出回っている時期です。

きょうは、今の時期に味わえる2種類和梨を用意しました。
写真、微妙に色が違うのがわかりますか
和梨は糖度が高めの「赤梨系」と、さっぱりした味わいが特徴の「青梨系」の二つに分けられます。

先ずは赤梨系の品種から紹介します。

 『あきき』 
あききは、収穫の時期である「秋」と、果実が丸く「月」のように見えることから付けられた名前です。500グラム以上の大玉のものが多く、果肉のキメが細かくジューシーです。また、幸水や豊水と同じく糖度が高めで果汁も豊富です。



 「あきき」の特徴を活かし、一味違うおいしさを楽しめるレシピをご紹介します。
「梨とバナナのケーキ」
作り方
①梨をサイコロ状にカットします。バナナはすりつぶします。
②ホットケーキ用の粉と豆乳を一緒に混ぜ合わせ、クッキングシートを敷いた型に流し込みます。
③その上に薄くスライスした梨とバナナを乗せ、オーブンで40分ほど焼いたら完成。

「あきづき」の甘みと果汁の多さで、自然な甘さを楽しめます。果汁たっぷりの風味にバナナのまろやかさも加わり、しっとりとした食感で豊かな香りも広がります。
「あきづき」は熟れやすく、あまり日持ちしないため、色々なおやつにアレンジするのがオススメです。


次は青梨系の品種をご紹介します。

 『二十世紀梨』 

青系というよりは黄緑色に見えますね。収穫初期は黄緑色ですが、追熟すると黄色くなり、甘さが増します。酸味と甘さのバランスがとれた爽やかな味で、シャリシャリした食感が特徴です。


ミズミズしさと歯ざわりを味わうレシピがこちら
「梨の酢の物」
作り方
①梨はいちょう切りにして酢水に浸けます。キュウリは輪切りにして水分を絞ります。
②炒りゴマ・出し汁・酢・砂糖・塩で味付けをして完成です。

一見、ダイコンのように見えるフルーツサラダです。梨のほんのりとした甘さが引き立ち、自然な美味しさを味わえます。また、シャリシャリとした独特の食感は、リグニンという食物繊維によるもので、高い整腸作用があります。
梨には、果糖・クエン酸も含まれているため、疲労回復効果も期待できます。

梨とお酢の組み合わせが絶妙なバランスです。甘酸っぱくデザート感覚の酢の物に仕上がります。


<梨をおいしく食べるためのポイント>
冷やしすぎないことです。水分が抜けて甘さが感じられなくなります。食べる2~3時間前に氷水などで冷やすのがオススメです。

(^o^)丿
きょうは、和梨をご紹介しましたが、洋ナシもおいしい時期です。今は岩手県産の「マルゲリットマリーラ」という品種が出回っています。特徴は果皮がなめらかで、果肉のキメが細かく、果汁が多いことです。
↑マルゲリットマリーラ↑

和梨と違って洋ナシは追熟させる必要があります。紙袋などに入れて、20℃前後の場所で追熟させることで、おいしくいただけます。


本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)浅沼 一志さんとNHK渡邉 真佑子キャスターでした!




「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。


皆様ぜひご覧ください。



次回(2016年9月27日)放送予定は 「サトイモ」 です。

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿