2015年1月30日金曜日

中晩柑(放送日1月27日)



盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は中晩柑((ちゅうばんかん))です。

爽やかで甘酸っぱい香りがしています。今の時期、1月から5月頃まで収穫されるみかん以外の柑橘類を「中晩柑」といいます。中晩柑はいろいろな品種が出回っています。
味や香り、見た目も品種によってさまざまです。
いろんな品種を味わってもらいたいですね!今日はその中から3品種を紹介します。

 
『いよかん』『せとか』『デコポン』

この3品種は、これから多く市場に出まわって来る品種になります。


『いよかん』・・・かんきつ類の中でも特に香りが高く、また酸味と甘さのバランスもとても良い品種です。皮が厚く果汁が多いため、保存の仕方が良ければ日持ちします。
 
密封できる袋に入れて冷蔵庫の野菜室などで保存すると、みずみずしさを保つことができます。
 


いよかんジュース
いよかんは皮が厚く、むくのが大変ですが、半分に切ったいよかんを絞ってジュースにするのもいいでしょう。
 


いよかんジャム
いよかんジャム
いよかんの果汁とすりおろしたリンゴと片栗粉、砂糖を混ぜて3分ほど電子レンジで加熱すると簡単にできる ”いよかんジャム” もおすすめです。


 
『せとか』・『デコポン』の2品種は外と中の皮が薄い果物です。



『せとか』は果肉が柔らかくオレンジの様な濃厚な味わいです。
産地では〝柑橘の大トロ〟とも呼ばれています。皮が薄いのでスマイルカットでいただくとジューシー感が味わえます。

柑橘の大トロ、せとか

☺~スマイルカットの方法~☺
せとかのヘタを横にして半分にカットします。それをくし切りにすれば出来上がりです。
笑顔の口もとのようになり、食べやすなります。ぜひジューシー感を味わってみてください!
 
♪スマイルカット♪
 
 
 
 
 『デコポン』・・・見た目はごつごつしていますが、糖度が高く薄皮までもいただける果実です。
 
『デコポン』
(品種名は不知火。糖度13度以上もの)


 
砂糖を一切使わない、デコポンゼリー
デコポンの果汁に、お湯で溶かしたゼラチンを加え、冷蔵庫で冷やして完成です。
♦ 砂糖不要のデコポンゼリー 
 

 
二月に入ると、 いよかん・せとか・デコポンなどいろいろな中晩柑が出てきます。
食べ比べをしてお楽しみください!

本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)浅沼一志さんとNHK佐藤香奈実キャスターでした!
「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。


皆様ぜひご覧ください。
次回(2015年2月3日)放送予定は 「活毛ガニ」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2015年1月24日土曜日

タラ(放送日1月20日)




盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!魚へんに雪と書く『鱈・タラ』です。

 
【今年のタラ漁の状況】
タラ漁は、今三陸沖で漁の最盛期を迎えています。
今年は潮の流れの関係で、主に宮古港で大漁となり、多く出回っています。今日は、その宮古のタラを用意しました。
淡泊でふっくらしたタラの身は、味付け次第でいくらでも楽しめます。
この時期は高級食材として知られる白子や、プチプチの食感が楽しめるマダラコが味わえるので、丸ごと買うことをおすすめします。
 
 
高級食材の白子

マダラコ


おいしくいただく調理法や、この時期特に美味しい白子の栄養を効率よく摂る方法を紹介します。
 

タラの照り焼き

 
作り方
タラの切り身をフライパンで焼き、皮に少し焼き色がついたら裏返す。
 しょうゆ みりん さけ だしの素 を適量混ぜたタレで焼く。
 
 
ポイント
タレをかけながら焼くことで、水分が逃げずにふっくら焼きあがる。
あっさりした身にタレの味がしみ込んで食べられる絶品です。

 
白子のチーズ焼き
材料・・・白子、チーズ、ブラックペッパー、ねぎ


 
作り方
白子を水洗いし、水気を取って食べやすく切る。その上にチーズをのせて、白子に火が通るまで焼いたら、上にブラックペッパーや小葱をのせて完成。
※白子のクリーミさが引き立つ一品です。
 
この食べ方は栄養を効率的に摂ることができるのです。白子に含まれているビタミンDは、カルシウムの吸収を助ける働きがある。カルシウムを豊富に含む、チーズなどの乳製品と一緒に食べるのがおすすめです
 
まだらこスパゲッティー
作り方
マダラコに縦に切れ目を入れて、塩を入れた熱湯で下茹でする。
ザルにとって皮を取り除いて、いつも通りのタラコスパゲッティーと同じ要領でパスタと一緒にあえて完成です。
※粒が大きくプチプチした食感を楽しむことができる。

 
 
買う時のポイント 
切り身の場合・・・少しピンク色で透明感のがあるもの。
一匹まるごとの場合・・・皮にツヤがあり、エラが赤く、腹がふくらんでいるもの。
 
この寒い時期、鍋物や、ソテー、フライなど和・洋・中華までいただけます。


本日お届けしたのは 盛岡水産(株)佐々木優さんとNHK新井田はるかキャスターでした!
「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。


皆様ぜひご覧ください。
次回(2015年1月27日)放送予定は 「中晩柑」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2015年1月9日金曜日

アスパラガス(放送日1月6日)



盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!寒い時期の『アスパラガス』です。

鮮やかな緑色の茎がピンと伸びて、穂先はキュッと締まっている一戸町のアスパラガスを紹介します。




 一戸町のアスパラガスの特徴    
その地域の特徴の寒さを活かし、10年ほど前からアスパラガスの促成栽培がされています。全国でも、特に早く年末から出荷が始まり、この時期に市場に出回っています。
今年は、株の成長する11月ごろの天候が良かったので、株が大きく充実し、例年に比べて、太く立派なアスパラガスに仕上がっています。 

この時期に出回るハウス栽培のものは県産品をより新鮮なうちに食べることができます。みずみずしく、甘みが強く、柔らかいのが特徴です。


❖❖❖美味しい茹でアスパラガスのコツ❖❖❖
 

湯に油を少し入れ、短時間でサッと1分ほど茹でる。
※湯面に油の膜が張り高温で茹でることにより、シャキシャキの食感を損なわない。
 

冷水にさらさない。茹でたらザルにとり、自然に冷まし余熱で柔らかくする。

 (試食をしてみて・・・)ホクホク感もあり、アスパラガスの香りがあります。

≪☪ 効率的に栄養をとるアスパラガス料理 ☪≫ 

『アスパラガスと鶏肉の塩レモン炒め』
   鶏むね肉とアスパラガスを食べやすい大きさに切り
   鶏肉に火が通るまで炒める
   アスパラガスを入れて塩とレモン汁で味を調えて出来上がり!
アミノ酸の一種のアスパラギン酸は、タンパク質をエネルギー変換する働きがある。鶏肉と一緒に食べることで、疲労回復や免疫力を上げる働きがある言われています。寒くて、風邪をひきやすいこの時期にピッタリの効果です。




★選ぶ時のポイント
がまっすぐで穂先が締まっているものは、鮮度がよい。
茎から生えている三角形のはかまの数が少なく、三角形の形がきれいなものは生育がよく、味がよいとされています
 

【保存方法】
新聞紙やキッチンタオルなどを水で湿らせて茎の部分を包み、冷蔵庫の野菜室で立てて保存すると鮮度が保たれる。
(野菜室では横に保存すると、穂先が起き上がろうとして、エネルギーを消費してしまう。)
 

 

県内産のおいしい
アスパラガスをたくさん食べて、
この冬を乗り切っていきたいですね!
 




本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)西田裕紀さんとNHK新井田はるかキャスターでした!
「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。


皆様ぜひご覧ください。
次回(2015年1月20日)放送予定は 「未定」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。