2015年12月24日木曜日

ナメタガレイ(放送日12月22日)



盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!お正月の年越し魚『ナメタガレイ』です。

ナメタガレイは、市場にも10月くらいから子持ちのものが入荷し始めています。今は北海道産のものが主流ですが、年明けには三陸産が入荷してきます。

ナメタガレイは、大きいものだと70センチにもなります。その表面はすごくぬるぬるしていて、この「ぬめり」が多いことから、ナメタガレイといわれるようになりました。ぬめりの多いものほど鮮度がいいです。


「子孫繁栄」の年越し魚
ナメタガレイは冬に産卵をする魚で、今の時期は産卵期にあたり、卵がたくさん入っています。子持ちナメタは縁起がよく、びっしり詰まった卵(子)を食べることで「子孫繁栄」を祈願して、食べられていたようです。

お値段が気になります?
・ことしは水揚げが順調で、今なら1尾3000円前後で買うことができます。年末になると値が徐々に上がり、例年だと5000円前後ですが、ことしはいつもの年より安値で買えると思います。
・今の時期は安く買うことができます。そのため、この時期にナメタガレイを購入して煮付け、冷凍して保存し、年末に温めていただく人もいます。


煮つけの調理のポイント・・・
①魚のくさみをとるため&身を引き締めるために、1度湯通しすること!
②短時間で煮込むこと! 
 長い時間煮込むと煮崩れの原因になりますので、強火で4分ほど煮てください。子持ちの場合は、さらに3分から4分ほど煮込んだら、できあがりです。
 
煮汁もおいしい!
余った煮汁も料理にもうまく活用しましょう。カレイの煮汁を使ったガーリックライス。バターを溶かし、にんにくのみじん切りを炒めたら、ご飯を加えてガーリックライスを作る。そこに煮汁を加えて混ぜるだけです。


煮汁の香りや風味だけで何杯でも食べられる!


もう一品!
カレイの煮汁の煮こごり。煮汁を一晩冷蔵庫に入れておいたものですが、こちらは固めるために少し粉ゼラチンを入れました。おつまみにどうぞ!
 「煮こごり」

 

 お正月の魚ナメタガレイ

ぜひ皆さんに食べて味わっていただきたいですね!

今年はお買い得!

 


 きょうは市場から旬の魚「ナメタガレイ」をご紹介しました。
本日お届けしたのは 盛岡水産(株)佐々木 優さんとNHK佐藤 香奈実キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2016年1月5日)放送予定は 「イチゴ」 です。

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2015年12月19日土曜日

寒じめほうれん草(放送日12月15日)



盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!この時期ならではの野菜!『寒じめほうれん草』です!

今回は久慈産のものを用意しました!

  『普通のほうれん草と何が違う!?』
大きな違いは栽培方法です。
寒じめというのは、ハウス栽培で一定の大きさまで育てたあと、収穫間近にハウスの裾を上げて、わざと冷たい空気を当てる栽培方法です。


ハウス栽培のものと比べると、倍の10度以上の糖度になり、甘さが増すのが特徴です。これは、寒さに耐えられるように葉に厚みが出て、水分が少なくなり、糖度をため込むためです。寒さを逆手にとった栽培方法として、岩手でも盛んに作られています。


シンプルに「おひたし」や「胡麻和え」
甘味が強いので、凝った調理をするよりもシンプルにおひたしや胡麻和えがおすすめです。胡麻和えの時は砂糖を使わなくても、十分な甘さが楽しめると思います。

 
胡麻和え

そのほかに体が温まるレシピとして!

 

 『ほうれん草とたまごのオーブン焼き』
作り方は、茹でてアクを抜いたほうれん草とベーコンを一口サイズに切った後、塩と胡椒をふります。中央に卵を落とし、オーブントースターで卵が半熟になるまで焼いたら完成です。葉に厚みがあるのでボリュームがあり、食べ応えがあります。

栄養面でのメリット
ほうれん草の栄養は、寒じめすることによって、グラム当たりの栄養素が1.5倍ほどになります。
主に鉄分が豊富になります。その他にも、胃腸や気管支の粘膜を守るβカロテンや、健康な皮膚を作るビタミンCも多く含まれています。 

これらの栄養を生かしたレシピはこちら!
 『寒じめほうれん草とカキのバター炒め』
栄養面でのメリット
ほうれん草の鉄分が、カキに含まれる亜鉛(貧血予防に効果があるといわれています!)の吸収を助けるので、栄養を効率的にとることのできる組み合わせです。

選び方と保存方法
     ・葉にハリがあるものが新鮮
 
      ・買ったらできるだけ早めに食べること
  
       ・ビニール袋に入れて冷蔵庫で保管
   
        ・さっと茹でて水気を切って冷凍保存


本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)石橋 徹さんとNHK伊藤 彩キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2015年12月22日)放送予定は 「ナメタガレイ」 です。

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2015年12月8日火曜日

みかん(放送日12月1日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。

本日紹介する食材は「みかん」です。

甘酸っぱい良い香り♪「みかん」は冬の風物詩とも言える果物ですよね!

 

お店でもみかんをよく見かけるようになりましたが、今出回っているみかんは早生品種が主流となっています。今日は長崎産のものを紹介します。

今年はみかんの実が育つ秋口に、長崎県では雨が少ない日が続きました。そのため果肉がしっかりとした甘くおいしいみかんが出来ています。

 

早生品種の特徴

・酸味と甘みのバランスが良く取れています。

・一粒あたりの水分量も多く、みずみずしいです。

・皮を剥いた後に残る薄皮(じょうのう)も薄く、食べやすいです。

 

果汁たっぷりでおいしい!甘さも乗っています。ヽ(^o^)丿

そのまま食べることが多いみかんですが、きょうは早生みかんの特徴を活かしたレシピをご紹介します。

 

<みかんとブロッコリーのサラダ>

 

<作り方>

・ブロッコリーを塩ゆでします。

・それにみかんの果肉とヨーグルト・サラダ油・酢・砂糖・塩・コショウで作ったドレッシングを混ぜ合わせたら完成。

早生みかんの程よい酸味がアクセントになって爽やかな味を楽しめます。

また、みかんのビタミンCとブロッコリーのカロテンとの相乗効果で、体に悪影響を及ぼす活性酸素を抑え、老化防止や動脈硬化の予防に効果があります。

 

<みかんの蒸しパン>

<作り方>

・みかんのヘタの部分を切り、中味をくりぬきます。

・果汁を絞り、そこにホットケーキの素を加えて混ぜ合わせます。

・みかんの皮の器の中にその生地を流し、電子レンジで2分ほど温めたら完成です。

早生みかんの甘さと香りの特徴が活かされて、おいしくいただけると思います。手軽に・簡単に作れるので、お子さんでも楽しみながら作ることが出来るおやつです!

 

おいしいみかんの選び方

①ギュッと固くしまってハリのあるもの

②持ってみて重みのあるもの

ヘタの切り口の小さいもの

  ④実のオレンジ色が濃く、つぶつぶがきめ細かくはっきりしているもの

きれいなオレンジ色!

 みかんの保存方法

①水分が抜けるため、冷蔵庫には入れないようにします。風通しの良い冷暗所に置くようにします。

②箱ごと保存するときは箱ごと裏返して底のものから食べるようにします。流通の時点で底の物に負担がかかってしまっているので、早めに食べたほうが良いです。



③早生みかんはあまり日持ちしないので早いうちに食べるのがオススメです。買ってから1週間から10日程度で食べることをオススメします。

 
 

みかんを内側の袋(じょうのう)から出して食べる人も多いと思いますが、取り除くと食物繊維が失われます。外の皮を剥いたらそのまま食べるのがオススメです。

 

 

ヽ(^o^)丿

 

本日お届けしたのは、丸モ盛岡中央青果(株)浅沼 一志さんと NHK伊藤 彩キャスターでした!

「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。
皆様ぜひご覧ください。
次回(2015年12月15日)放送予定は 「ホウレンソウ」 です。
国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

 

2015年12月2日水曜日

ハタハタ(放送日11月24日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。

本日紹介する食材は秋田県の県魚にもなっている「ハタハタ」です。

 

 

この時期、主な産地は北海道や青森、秋田などから多く水揚げがあります。 

特に秋田県はハタハタ漁が盛んな地域です。

 

今日は秋田県で水揚げされたものを持ってきました。この時期のハタハタは産卵のために沿岸にやってきます。そのため,卵がたくさん入っており、その卵を「ブリコ」と言います。上の写真をみてわかるようにお腹が膨らんでますね。

 

<いいハタハタの見分け方>

・目が青く澄んでいるもの。

・体に輝きとヌメリがあるもの。

 

秋田県では、一時ハタハタの漁獲量が減少したこともあり、漁獲枠を設けて資源の確保に努めています。

去年よりも漁獲枠は少なくなっていますが、青森県や北海道などを合わせると例年と同じくらい水揚げされています。

「特産の魚として大事にしていこう」という、秋田県の思いのこもった魚なんです。

 

ハタハタを食べたことが無いという方、実はおいしく扱いやすい魚なんです

ハタハタはウロコが有りません。そのため水でヌメリを取れば下処理は完了です。

内臓も小さいのでそのまま食べても美味しくいただけます。しかし、苦手な方は頭を落として、内臓をさっと水洗いすればおいしくいただけます。

こうして汁物にもできます。

 

ハタハタの汁

<作り方>

・水洗いしたハタハタを煮込みます。

・だし汁、醤油、お酒で味付けします。

・豆腐、ネギを加えて出来上がり!

 

これに、ハタハタを塩漬けにして発酵させた「しょっつる」という調味料を入れると、秋田の郷土料理「しょっつる鍋」になります。

 

郷土料理というと、例えばこうしたハタハタに甘じょっぱい味噌を塗って焼いた田楽などもあります。

ハタハタの田楽

 

淡泊でクセが無く、卵に独特のぬめりのあるハタハタは郷土料理以外でもいろんなアレンジで楽しめます。

 

ハタハタの味噌バター包み

(*^。^*)

 

<作り方>

・ブリコと味噌、みりん、酒、バターなどを混ぜ合わせます。

・それをハタハタにかけてアルミホイルで包みます。

・180度のオーブンで10分ほど焼くと出来上がり。

 

ブリコの食感と身の柔らかさなどを味わうなら今が一番オススメです。まだ、ハタハタを食べたことが無いという方も是非この機会に食べてみて下さい。

 
(^o^)丿

本日お届けしたのは 盛岡水産(株)佐々木 優さんとNHK佐藤 香奈実キャスターでした!
「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。
皆様ぜひご覧ください。
次回(2015年12月1日)放送予定は 「みかん」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

 

2015年12月1日火曜日

大根(放送日11月17日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。

本日紹介する食材は「大根」です。

    鍋料理やおでん、煮物など、この時期大活躍の野菜と言えば「大根」ですよね!

 

年中食べられる大根ですが、今の時期の特徴は甘味が強いということ。

 

大根は気温が低ければ低いほど糖分を貯める性質を持っているので、これからの寒い時期の大根はさらに甘みを増します。また、今年は天候が安定していたので豊作になっていて、質・味ともに良いものが出回っています!

 

幅広い調理法を持つ大根。よりおいしく食べる為のポイントをご紹介します。

 

大根は大きく分けて首に近い部分、真ん中、先端の3つの部分に分けられます。それぞれの持つ味や栄養を活かした調理法をすると、無駄なくおいしく食べることが出来ます。

 

首の部分

 

①特徴               甘みがありビタミンCが豊富 

②おすすめの調理方法 サラダや大根おろしなど生食で食べるのがオススメ。

大根はおろすことで「イソチオシアネート」という免疫を作る成分がうまれます。但し、おろしてから時間が経つと、その栄養価が消えてしまうので、食べる直前におろした方が良いです。

 

真ん中の部分

①特徴              甘みが集中しており、かつ程よい硬さもあります。

②おすすめの調理方法 煮崩れしにくいことから煮物料理に最適。

③レシピのご紹介    「大根とツナのあんかけ」

 

・作り方 ⑴鍋にダシ・みりん・酒・醤油・おろししょうがを入れて煮立てる。

     ⑵そこに角切りにした大根を入れて、大根が軟らかくなるまで煮込む。

     ⑶大根が軟らかくなったらツナを入れ、2~3分煮る。

     ⑷水溶き片栗粉を加えて、とろみをつけたら完成。

大根もツナもともに消化が良いので、胃にやさしい組み合わせですね。また、「あん」のとろみが体を芯から温めるので、寒い季節にぴったりの調理法です。

 

先端部分

 

①特徴               辛みが強く、水分が少なく繊維もしっかりしています。

②おすすめの調理方法 漬け物や味噌汁の具など。

 

葉と皮も捨てずにおいしく食べられます。調理法をご紹介します。

③レシピのご紹介     「大根の葉と皮のゴマ炒め」 

 

 ・作り方 ⑴大根の葉を細かく刻み、皮を細切りにします。

      ⑵フライパンにごま油をしいて切った葉と皮を入れ、めんつゆ・みりん・酒  

       を入れてさっと炒め、白ごまをふったら完成。

おつまみや作り置きのおかずにもオススメです。

皮の部分にはビタミンC、葉の部分にはカロテン・カルシウム・食物繊維がたっぷり含まれています。是非、無駄にすることなく使ってほしいです。

 

大根の選び方

① 葉の色が緑でみずみずしいもの。黄色くなっているものは鮮度が落ちている証拠。

 

② 実にハリとツヤがあり、ずっしりと重みがあるもの。新鮮な証拠です。

(^o^)丿

本日お届けしたのは、丸モ盛岡中央青果(株)原田 健児さんとNHK伊藤 彩キャスターでした!
「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。
皆様ぜひご覧ください。
次回(2015年11月24日)放送予定は 「ハタハタ」 です。
国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2015年11月18日水曜日

カキ(放送日11月10日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。

本日紹介する食材は冬の味覚「カキ」です。

この時期から旬を迎える「カキ」ですが、回復してきてはいるものの、三陸産のカキの市場への入荷量は震災前の3割ほどとなっています。

値段は100gで400円程度で、例年と同じ位の値段となっているようです。

今日は三陸の山田湾産の殻付カキを用意しました。

このように殻付で販売しているものもあります。

買うときの注意点は

・殻が大きく、重く、丸みのあるもの 

・口がしっかり閉じているもの(新鮮な証拠!)

 

スーパーでよく見かけるむき身のカキは、生食用加熱用があります。これは鮮度の違いではありません。

生食用は水揚げ後、一定期間殺菌をして出荷しているものです。

加熱用は殺菌をせず、すぐに出荷しているものです。

生カキののど越しの良さを味わいたい方は生食用を、カキの旨味を楽しみたい方は加熱用をおすすめします。


栄養豊富なカキ。「海のミルク」とも呼ばれています。

主な栄養素

グリコーゲン 体がエネルギー不足の時に糖質に変化するもので疲労回復などに効果があります。

亜鉛 免疫力を高める効果が期待されます。

 

栄養豊富なので数年前にカキの日が出来ました。 11月23日(勤労感謝の日)が実は「カキの日」なのです!

この栄養豊富なカキを多くの方に食べてもらい、日々の勤労の疲れを癒してほしいと、一昨年全国漁業協同組合が勤労感謝の日である11月23日を「カキの日」と定めました。

多くの方がカキを味わう機会につながればいいですね。

 

生食用・加熱用でおいしく味わうための下処理のポイントをご紹介します。

カキの旨味を逃がさない洗い方

 

・カキに大根おろしを入れて、優しく馴染むように混ぜます。こうすることで、カキに付着している汚れや臭みを取ることができます。

・混ぜていると、大根おろしの色が灰色に変わってきます。あとは傷つけないようにサッと水洗いをします。

こうすることで生臭さもなくなり、よりおいしく味わえるようになります。

こうして下処理をしたカキをカキ酢など生で味わうのもいいですね。

 

また、寒くなってきたので加熱したカキもいいですよね。 鍋物のシーズンですからカキ鍋もいいです!ただ、加熱するとふっくらせず身が硬くなってしまったり、縮んでしまったりします。

そんなときは加熱する前に片栗粉をまぶすといいです。そうすることでカキの表面に膜が出来て、旨味も逃げずにふっくらした状態を保つことが出来ます。

 

加熱用はあくまで加熱して味わう物です。生では食べないよう気を付けてくださいね。

 

(^o^)丿

本日お届けしたのは 盛岡水産(株)佐々木 優さんとNHK佐藤 香奈実キャスターでした!
「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。
皆様ぜひご覧ください。
次回(2015年11月17日)放送予定は 「大根」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。