2014年12月24日水曜日

いちご(放送日12月16日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!クリスマスに活躍する果物、『いちご』です。


ふっくらとした実が真っ赤に色づいて、ツヤがあります。

 
 



今年の出来は何れの産地でも苗を植える9月の天候が安定していたため、例年より大粒に仕上がってます。また、このところ順調に寒くなってきて甘みも増しています。

今日は主に岩手県南部で栽培されている「さちのか」と、生産量全国第一位の栃木県の「とちおとめ」を紹介します。どちらもハウス栽培です。



 さちのかの特徴 
・やや小ぶりで赤色が濃いです。
・香りが高く、穏やかな酸味と果肉の食感がしっかりしています。


 特徴を生かした食べ方は
「簡単!いちごドーナツ」



〈作り方〉
・卵と牛乳で溶いたパンケーキの生地にいちごをくぐらせます。
・180℃の油で2分ほど揚げたら出来上がりです。

回りのスポンジが甘いので、さちのかの酸味がアクセントになります。また、いちごのビタミンCは熱に弱いのですが、生地でコーティングすることで栄養を逃すことなく食べられます



 とちおとめの特徴 
・甘みが特に強く、酸味はほとんどありません。
・粒が大きく、みずみずしい食感が特徴。生食にもおすすめです。


そのまま食べるときのポイントは洗う時はヘタを取らないことです。
取ると実に水分が入ってしまって果肉が水っぽくなります。食べる直前にヘタを取りましょう。




特徴を生かした食べ方
「レンジで簡単いちごのソース」
 

〈作り方〉
・軽く洗ったいちごを深さのある耐熱容器に入れます。
・電子レンジで40秒ほど加熱します。
・柔らかくなったいちごをスプーンの背でつぶし、さらにまた40秒ほど加熱します。
・これを2~3回繰り返し完成です。



(試食をしてみて・・・)
砂糖を入れないのに甘さがあります。加熱することで水分が飛び甘さが増します。
ケーキやプリンにかけても美味しくいただけます。



いちごを選ぶときのポイント
・ヘタの部分が反り返っている物は完熟している証拠。
・全体の色が均一に赤い物は甘さが均一です。





(*^。^*)


本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)加藤 清治さんとNHK新井田はるかキャスターでした!
「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。






皆様ぜひご覧ください。
次回(2015年1月6日)放送予定は 「七草」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。
























2014年12月12日金曜日

レンコン(放送日12月9日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!年末に出荷量がピークを迎える『レンコン』をご紹介します。


レンコンは年中出回っていますが、この時期は正月料理などでレンコンを使う人が増え、需要が高まります。また、生産者もこの時期に合わせて出荷する為、入荷量は20日過ぎには通常の3~5倍ほどにもなります。

きょうは市場に入荷する時の状態で持ってきました!レンコンは蓮の地下茎です。通常はこのように連なっていて1.5メートル位にもなります。お店ではカットした物が売られています。岩手県には茨城産のレンコンが多く入荷します。



 レンコンの栄養素 
ムチン   レンコンを切った時にネバリがでます。このネバリはムチンと呼ばれる成分で 胃の粘
        膜を保護する働きがあります。忘年会などで飲み過ぎた時にもおすすめです。

ビタミンC レンコンの主な栄養分はデンプンですが、ビタミンCも多く含まれています。ビタミンC
       は熱に弱いと言われていますが、レンコンは煮ても・焼いても・揚げてもそれほどビタミ
       ンCが失われることはありません。熱に強い野菜なんです。



 

✿ レンコンの調理方法  キーワードは「シャキシャキ」・「ホクホク」・「モチモチ」 

【シャキシャキのきんぴらレンコン】

・皮をピーラーなどで剥き、縦に適当な長さに切ります。
・それを炒めて醤油と砂糖で味付けします。あまり時間をかけて炒めないことがシャキシャキにするコツです。ポイントはレンコンの繊維にそってに切ることです。こうすることでよりシャキシャキした食感を楽しまます。


繊維に沿って縦に

シャキシャキしておいしい❤
シャキシャキ感UP!☺


【ホクホクのレンコンステーキ】

3センチほどの厚さに切ったレンコンとスライスしたニンニクをフライパンで焼きます。
・両面に焼き色が付くまで焼いたらお酒を入れ、10分ほど弱火で蒸し焼きにします。
・塩とコショウで味をととのえて出来上がり。

これも時間と切り方にポイントがありますね。長時間かけて加熱することでホクホクになります。


【モチモチのレンコン団子の味噌汁】

すりおろしたレンコンと片栗粉、生姜を混ぜ合わせてモチモチレンコン団子を作ります。
・これをお好みの具材を入れたスープや味噌汁、鍋にいれます。
・さらに、すりおろしたレンコンをスープの中に入れても、トロみが出てとてもおいしいものになります。
すりおろしたレンコンが入ってトロトロ(*^。^*)
 




調理方法に少し変化を付けるだけでいろいろな食感を楽しむことが出来るレンコンですね
クセがなくどんな料理方法にも合います
(*^。^*)



本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)岩﨑 一史さんとNHK佐藤 香奈実キャスターでした!
「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。
皆様ぜひご覧ください。
次回(2014年12月16日)放送予定は 「イチゴ」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2014年12月6日土曜日

ハタハタ(放送日12月2日)



盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!東北の郷土料理に欠かせない、旬を迎えた魚、『ハタハタです。






表面にはうろこが無くつるつるとしていて、背中にマダラ模様がハッキリとしています。

秋田県では冬に欠かせない食材として知られています。ハタハタは主に日本海側の深海に生息している魚で、毎年12月~1月頃に産卵のため浅瀬にやってくるこの時期に漁の最盛期を迎えます。

~ハタハタ味の特徴~
産卵前なので、メスが持つ「ぶりこ」と呼ばれる卵もプチプチとした食感で人気です。オスには白子があり、クリーミーな味わいが楽しめます。本日は、水揚げ量全国1位の秋田県のものを用意しました。

秋田県で冬の雷が多い時期に獲れることから、魚へんに雷という漢字「鱩」でハタハタと読みます。秋田では、郷土料理に欠かせない食材の一つとなっています。
 
☆彡~秋田の郷土料理~☆彡
 
ハタハタの味噌田楽
 
【作り方】
・ぬめりを洗い、頭をとっておく。
・味噌、砂糖、みりん、酒を合わせたタレをぬりながら、グリルで両面焼く。
 

柔らかい身は焼くと〝ふっくら〟とした食感を楽しめます。淡泊な身に味噌を合わせると、コクのある味わいになります。


 

*+*~カルシウムたっぷり! ハタハタの唐揚げ~*+*

 栄養面でも効果のある食べ方
 
【作り方】
・ハタハタの頭と内臓をとり、しょうが醤油に1時間ほど漬け込む。
・片栗粉をつけて、180度の油で2~3分ほど揚げる。
火が通りやすく短時間で骨までパリパリといただけます。

 
☞ハタハタの栄養
ハタハタの身に含まれるビタミンDは、骨に含まれるカルシウムの吸収をよくする働きがあります。他にもビタミンAは、皮膚や体の粘膜を強くしてウィルスなどを予防できるといわれています。風邪予防にも効果が期待されます。

☝選ぶポイント
・まずは魚体につやがあり、ぬめりのあるものが新鮮です。
・ハタハタのホホに赤みの出たものは時間が経過したものなので避けたほうがよいでしょう。



岩手では、この時期にしか味わえない旬のハタハタ
たくさん食べていただきたいですね!

本日お届けしたのは 盛岡水産() 佐々木 優さんとNHK新井田はるかキャスターでした。


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時の
NHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。
皆様 ぜひご覧ください。
次回(2014129日)放送予定は「レンコン」です。
※国会中継休止になる場合があります。ご了承ください。