2014年7月25日金曜日

枝豆(放送日7月22日)



盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!栄養豊富な『枝豆』です。
 


 

≪出荷状況≫
北関東ものの群馬県産が中心に出回っています。岩手県内の枝豆は一部県南も出荷は始まっています。これからお盆にかけて最盛期を迎えます。



≪枝豆は栄養豊富≫
枝豆は大豆になる前の未熟なものを収穫したものが枝豆です。大豆というとタンパク質がメインとなります。その中に含まれる必須アミノ酸メチオニンという成分は肝機能を助けるということで、特にアルコールを飲む方は、ぜひ枝豆で肝機能の手助をしてもらいたいですね!

茹でるだけじゃない!枝豆の魅力
『枝豆の蒸し焼き』

水洗いし塩で下味をつけます。フライパンに枝豆の半分くらいまで水を入れ蒸し焼きをします。ほんのり枝豆に焦げ目がついたらできあがりです。香ばしく甘みもぐっと増します。ご飯もすすみます。

 
すすめ枝豆ソース』

枝豆を茹でてコンソメ、ワイン、バター、薄力粉などを混ぜてとろみが出たころに、ミキサーやすり鉢ですってペースト状のソースにすれば出来上がりです。魚のムニエルにかけてもおいしいです。またさまざまな料理に利用していただきたいです。



山内さんおすすめ『枝豆の冷汁』

食欲が落ちる夏、山内さんのお母さんが作ってくれた枝豆の食べ方。
作り方は、茹でた枝豆をつぶしてペースト状にして冷汁の中に「ポン、ポン」入れて飲んだり、お好みできゅうりやみょうが、豆腐なども加えてご飯の上にかけていただいてください。


枝豆は熱に弱い!“鮮度”がいのち!!

枝豆は熱に弱いので、生産者の方々は朝日が昇る前に収穫して予冷庫に保管し熱が出ないようにして新鮮を保った状態で市場の方に出荷してきます。
枝豆があまった場合は、ゆるめに茹でて冷凍庫保存することもできます。これからたくさん出回ってくる枝豆をおつまみだけでなく、いろんな使い方で味わってください。


本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)山内文雄さんとNHK佐藤香奈実キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2014年7月29日)放送予定は 「スイカ」 です。

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。
 



2014年7月22日火曜日

スルメイカ(放送日7月15日)

身に透明感があって、目が黒々としていますね!今日はスルメイカをご紹介します。

スルメイカは1年中水揚げされますが、この時期のスルメイカ夏イとも呼ばれ、重宝されています。

この時期のスルメイカは、去年の秋に北陸で生まれたものが北上してきていて、今は北海道で水揚げされています。まだ若くて、身がとても柔らかく、生はもちろん火を通しても固くならないんです。

旬のスルメイカの調理方法を三つご紹介します。

①「イカソーメン」

見た目も涼しげで、暑いこの時期にはピッタリですね。刺身を細く切ることで、より柔らかな食感を楽しむ事が出来ます。

②「イカとオリーブのマリネ」

・ スルメイカの胴の部分をさっと茹で、
・オリーブと1センチ角に切ったトマト、タマネギを用意します。
・白ワインビネガー、みりん、砂糖を混ぜたドレッシングと和えます。

この食べ方は栄養的にも効果のある食べ合わせなんです。(^o^)丿

イカの身にはタウリンが含まれていて中性脂肪を少なくする効果があります。オリーブに含まれるオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らので、血栓予防に効果的な食べ合わせです。



③「イカワタガーリックソテー」

身だけでなく、ワタまで上手に使った料理です。

・ワタは1㎝ほどの輪切りにし、酒大さじ1をふっておきます。
・フライパンに油と刻んだニンニクを入れ香りが出るまで炒めます。
・そこに食べやすい大きさに切っておいたイカの身とワタを入れ一緒に炒めます。
・最後に醤油で味付けします。

ワタにはビタミンB2が含まれていて、粘膜や皮膚を健康な状態に保って、免疫力を高める効果があるんですよ。是非食べてみて下さい。

スルメイカを買う時のポイントは?

・皮の色が赤黒いもので身に透明感があるもの。
・胴体の部分にふくらみがあって目は黒いもの。



(*^。^*)

本日は、盛岡水産(株)欠畑 直之さんとNHK新井田はるかキャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2014年7月22日)放送予定は 枝豆 です。

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。


2014年7月7日月曜日

桃(放送日7月1日)

濃いピンク色、形も丸みを帯びて、かすかに甘い香りもしてきます。

今年はみずみずしく特に甘い、「をご紹介します。


先週から早生品種の露地物が入荷し始め、出回っています。今日は生産量全国1位の山梨県の日川白鳳と言う桃をご用意しました。

特徴としては他の桃に比べても果汁が多くて、酸味が少ないのが特徴です。また、白鳳系特有の実の柔らかさが特徴のジューシーです。今年は梅雨の時期も雨が少なく晴れの日が多いのでいつもの年より糖度が高いが出来上がっています。


そのおいしさを存分に味わう食べ方は、皮を剥かずにそのまま食べることです。皮に近いほど甘味が強いので、お勧めです。うぶ毛は、皮をよく洗うと落ちるので、ぜひ試してみて下さい。


いつもの年より甘い、やっぱりそのまま食べておいしさを味わいたいですね。何かポイントとなることはありますか?

のみずみずしさを損なわないために、食べる1時間位前に冷やすことがポイントです。冷蔵庫で冷やし過ぎると、桃の水分が抜け、風味も損なわれてしまうんです。

は生で食べる機会が多いですが、ひと手間加えて長く桃を楽しむ事が出来る食べ方をご紹介します。

こちら「桃のジャム」です。

<作り方>

・果肉から種を取り乱切りにします。
・桃2個に対して 砂糖180g、レモン汁大さじ1を入れ一晩寝かせます。
・その後、火にかけて果肉がトロトロに煮崩れるまでアクを取りながら煮込んで、出来上がりです。

風味を損なわないよう砂糖の浸透圧で水分を出し、水は足さずに煮ていきます。


ヨーグルトに入れたり、トーストにつけて食べたりと、いろいろと食べ方にもバリエーションが出来ますね。


の栄養素

ナイアシンは水に溶ける性質を持つビタミンの一つです。これは、体内のエネルギーの新陳代謝を助け、粘膜などの状態を良くし、免疫力を高めてくれます。

フルクトースと呼ばれる果糖は、消化吸収が早く、すぐにエネルギーに変わるので、疲れた時やだるい時には特に効果的です。

夏バテにも効果がありそうですね。この時期にピッタリの栄養素です。


♪ を買う時のポイント 

・形が左右対称の物は甘さが均一に行き渡っています。

表面に白い点が有るもの。これは日によくあたって甘みがある証拠です。

・そして、香りが強いものは食べ頃の証拠です。



は、品種を替えながらお盆位まで楽しむことができます。今年の桃は特に甘いので是非たくさん味わってほしいです。

ヽ(^o^)丿


本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)加藤 清治さんとNHK新井田はるかキャス
ターでした!
「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばん
ですいわて」内で火曜日に放送しています。
皆様ぜひご覧ください。

次回(2014年7月15日)放送予定は未定です。


※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。