2013年11月28日木曜日

大根(放送日11月26日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」

本日紹介する食材は、これからの忘年会シーズン、食べ過ぎ飲み過ぎた時にうれしい野菜『大根』をご紹介します


一年中食べられる大根ですが、
この時期は、おでんや煮物などで大活躍しますよね!(*^。^*)

今、盛岡市場に入荷している大根は、千葉県と神奈川県産のものです。
これから寒くなって甘みも増すので期待してほしいです!






大根は、よく胃にやさしいと言われています。

大根には「ジアスターゼ」という消化酵素が豊富に含まれており、この酵素が
胃腸の働きを助け、消化不良を解消したり、胃酸をコントロールして胃もたれや
胸焼けを防止してくれます(@_@;)

これからの忘年会などで食べ過ぎてしまったという時に、特に消化に良いメニューがあるんです!



「しゃきしゃき大根ごはん」


 
 
①大根を千切りにし、塩をふっておきます。
 
②しんなりしたら水気を絞ります。
 
③ご飯にこの大根と、塩昆布、白ごま、彩に大葉を混ぜ合わせます。
 
これだけで完成です(笑) 
 
 
また、「ジアスターゼ」は熱に弱いので、生のまま食べるのも効果的です。
大根おろしは定番ですが、おろすことで新たに摂れる栄養素もあります。
 
 
 
 
 
 

大根は摩りおろすと辛み成分が作られます。
これは「イソチオシアネート」という成分で、肝臓の解毒作用を高める効果があり、二日酔いに効果があると言われています!(^_-)


※但し、時間が経つと消えてしまうので、食べる直前におろすのがポイントです。



続きましては、「大根の葉」!

葉は捨てられがちですが、こちらにも栄養があります。

葉は緑黄色野菜で、カルシウムカロテンが豊富です。

また、皮は身の中心部よりビタミンCがおよそ2倍含まれていると言われています。






捨てるのはもったいないですので、葉と皮をおいしく食べる方法をご紹介します!


「捨てずに簡単でおいしく!皮と葉のきんぴら」

①フライパンにごま油、皮の千切りと葉のみじん切りを入れてしんなりするまで炒めます。

②みりんや醤油を入れて、お好みで味を調えます。

これで完成!






皮や葉はよく漬物にして食べますが、この料理は作り方も簡単です。

今まで棄てていたという方にも是非試してほしいですね。


さて、最後に「新鮮でおいしい大根の見分け方」をお知らせします!

まっすぐで丸みのあるもの。

表面にひげやへこみがあまりない物。

これらがおいしい大根と言われていますので、お買い求めの際にご参考ください^^








本日お届けしたのは、丸モ盛岡中央青果㈱・坂井 敬志さんとNHK盛岡放送局・新井田はるかキャスターでした!



(^o^)丿


「とれたて市場だより」は平日午後6時10分から7時までNHK総合にて放送中の
「おばんですいわて」内で火曜日に放送されています。

 皆様ぜひご覧ください!!!









次回(2013年12月3日)の放送予定品目は、冬に食べごろな『みかん』です(*^^*)


お楽しみに!

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2013年11月19日火曜日

マダラ(放送日11月12日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」

本日紹介する食材は、鍋料理と相性ピッタリな『マダラ』です!



4.6kgのマダラ(オス)


表面のマダラ模様がはっきりしていて、表面にツヤがありますね!

身はキレイな白身でクセが無く、どんな料理にも合う魚です^o^



今、「旬」を迎えているタラは、主に三陸沖や北海道、青森から入ってきています。

特に三陸沖では震災後、漁に使われるトロール船が復旧してきているということで、

今年は順調な漁が続いています。

☆新鮮なタラの切り身の見分け方☆

 
・身に透明感があり、うっすらピンク色のもの
 
・皮が白っぽくなっていないもの
 
 
 

☆オススメの調理方法☆


『タラのみそ焼き』

味噌みりんを加えて、なめらかになるまで混ぜ合わせます。

②ペーパータオル等で切り身の水分を拭き取り、味噌を塗っていきます。

③全体に塗ったら乾燥しないようにラップで包み、タッパーなどに入れて、冷蔵庫で保存

 します。






あとは食べるときに焼くだけです。

味がよく馴染んでおいしいですね!(^_-)



 
 
また、味噌を付けることで簡単に保存でき、時間を置いても美味しく食べられます。



「じゃっぱ汁」


中央部にある少々ピンク色のものが肝です。
 

こちらは、青森県の郷土料理で『じゃっぱ』というのは津軽弁で『魚のアラ』という意味です。

タラの白身のあっさりとした味と、肝が入ったコクがある汁がとても合います!

【調理方法】

①アラに熱湯をかけてすぐに冷水に入れます。そして、冷水から取り出して水気を切ります。

②鍋にアラ、水、だし昆布、酒を入れ、煮たってきたらアクをすくい取ります。

③中火にして味噌を溶き入れ、ネギを入れて出来上がり。
   
  お好みで豆腐などの具をいれてもOKです!





スーパーだと手に入りにくいタラの肝ですが、
 
鮮魚店などで『アラ』として売られており、その中に入ってますので是非ご賞味ください!
 
とろけるようで、とても美味しいです(笑)

 



☆栄養素の話☆

アラの肝にはビタミン類が多く含まれています。

その豊富なビタミンの中でも特に豊富なのがビタミンD!

カルシウムの吸収を助け、育ち盛りのお子さんや骨粗しょう症予防にも良いですよね^^

また、ビタミンAは、皮膚や目の健康を保つ効果があると言われています。

今からが旬のタラですが、おいしい時期は産卵が終わる3月ころまで続きます。

ぜひ、柔らかい旬のタラを多くの方に楽しんでほしいです(*^^*)



本日お届けしたのは、盛岡水産㈱欠畑直之さんとNHK新井田はるかキャスターでした!


デカい!(笑)
 
 

「とれたて市場だより」は平日午後6時10分から7時までNHK総合にて放送中の
「おばんですいわて」内で火曜日に放送されています。

 皆様ぜひご覧ください!!!

 

 




次回(2013年11月26日)の放送予定品目は、おでんにもピッタリな『大根』で
す。

お楽しみに!

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2013年11月13日水曜日

りんご(放送日11月5日)


盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」!

 

本日紹介する食材は、県内農家が丹精込めてつくった『りんご』です。



【入荷状況】
 県内のリンゴは先月の台風で収穫前に若干の被害が出ましたが、昨年並みの  
 入荷量が見込まれています。

【今年の出来具合】
 秋口の寒暖の差で真っ赤に色付き、とても美味しく仕上がってます^^

 

☆ 県内産 三品種 ふじ・王林・シナノゴールド ☆

[ふじ]
 
・ふじは、蜜がギッシリつまった甘いリンゴです!
 選ぶポイントとしては、
 
  ・全体が赤く色づいているもの
  ・見た目より重量感があるもの
 
 が良いですね♪
 
 
[王 林]

・王林は代表的な青りんごですが、酸味が少なく甘みを強く感じるりんごです!
 とてもみずみずしくパリッとした食感が味わえますよ。

 
[シナノゴールド]

・シナノゴールドは果汁たっぷりなりんごです!
 
 
上記3つの品種の共通点として晩生品種で、果肉が固く日持ちが良いことが特徴です!


☆りんごの栄養
りんごにはペクチンポリフェノールが沢山含まれています。
 
ペクチンは腸の調子を整える効果があり、
ポリフェノールは中性脂肪の増加を抑える効果が期待されます。

りんごは皮と果肉の間が栄養豊富なので皮ごと味わってみてくださいね!

 
☆まるごと1個簡単に味わう方法

『簡単アップルティー』
 紅茶に皮を入れるだけでできます(笑)
  リンゴ農家直伝『簡単煮リンゴ』
 くし切りのりんごを500ワットの電子レンジ(4~5分)で加熱するだけで
 出来上がり!
 生クリームやヨーグルトなどを添えていただくのも良いでしょう♪









本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果㈱ 加藤清治さんとNHK佐藤香奈実キャスターでした!
「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日午後6時10分~7時の「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください!
次回(2013年11月12日)放送予定は 「タラ」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2013年11月1日金曜日

ニラ(放送日10月29日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」


本日紹介する食材は、鍋料理と相性ピッタリで甘み,歯ごたえが十分な『ニラ』です。
 
 
 
 



 



こちらは、生産量全国第2位の栃木県産のニラです。
ハウスで栽培しているため、気候の影響を受けにくく、1年を通して食べられます。

特に鍋シーズンの10月頃から年末にかけて人気がありますね。
厚い葉肉と根元の部分のしゃきしゃき感が特徴です!

また、気温が下がると身を守ろうとして水分を減らし糖分を増やすので、これからの時期のニラは特に甘みがありますよ^^
 
体が温まる「 ひ み つ 
 



 

ニラにはアリシンという成分が含まれています。
このアリシンは血行を良くしてくれる効果や、殺菌作用があるといわれ、特に根元の白い部分には葉先に比べ4倍のアリシンが含まれています。

(注)根元も捨てずにぜひ食べてください。
 
 
さて!続いては栄養素を生かした調理方法をご紹介します!!
 
 
《おススメ料理①》・・・『風邪撃退!にらの味噌汁』



 

【調理方法】①熱したフライパンにゴマ油を少量と細かく切ったニラを入れる。
      ②さっと炒めて普段の味噌汁に混ぜる。

ニラとゴマ油の香りは相性が良く、香ばしい匂いが食欲をそそりますよ!(^_-)
☆また、アリシンは水に溶け出すので、汁物だと効率的に栄養を取ることができます。


 
《おススメ料理②》・・・『にらの梅肉入り豚肉巻き』
 



加熱しすぎに注意です! 
 
 
【調理方法】 ①種を取り除いた梅干しを包丁でたたいて豚肉に塗る。
      ②その豚肉にニラを巻いて焼く。

☆ニラのアリシンが豚肉に含まれるビタミンBの吸収を高めるので、
 一緒に食べると疲労回復の効果があります♪
 
アリシンは加熱しすぎると損なわれる性質があり、シャキシャキ感もなくなりますので調理する際は注意してください。
生でも食べられるくらいの食材ですので、調理の時にサッと火を通しただけでも十分です。
 
 
最後に、美味しいニラを選ぶポイント保存方法をご紹介します!!
 
 





【選ぶポイント】
先までピンとしてみずみずしいもの
②濃い緑色のもの
 
が新鮮で良いニラです。
ニラを買う際には参考にしてみてください^^
 
 
 
 
 
 
【保存方法】
☆乾燥を防ぐために新聞紙ラップなどに包み、冷蔵庫で保管すると良いでしょう!
 
 
 


 
これからが旬のニラをたくさん食べて健康管理に役立ててくださいね(*^^*)


 
本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果㈱ 中居 慎さんとNHK新井田はるかキャスターでした!



 
「とれたて市場だより」は月曜日~金曜日の午後6時10分~7時までNHK総合にて放送中の「おばんですいわて」内で放送しています。

皆様ぜひご覧ください!
 
次回(2013年11月5日)放送予定は 「リンゴ」 です。
 
※緊急ニュースや国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。