2016年8月4日木曜日

スズキ(放送日8月2日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!いまが旬の魚 『スズキ』 




スズキは夏が旬です。
この時期のスズキは産卵を控えているため、特に脂が乗っておいしいんです!

お盆前後に入荷量が増えてきます。

きょうは、千葉県で水揚げされたものを用意しました。


<スズキの成長過程とその名前>


スズキは出世魚です。地域によって、呼び方は変わりますが、

25センチ前後の1年魚を「セイゴ」

60センチまでの2年魚を「フッコ」

それ以上のものを「スズキ」

と呼びます。





こんなに大きさが違うんです!

右側が「フッコ」

左側が「スズキ」

















<スズキの選び方のポイント>



 ① 身全体にハリとツヤがあるもの

 ② 目が透き通っていて輝いているもの


<スズキのオススメの食べ方>

スズキを食べるときは、刺身も味にくせがなく、上品な味わいでおいしいですが、

いまの時期のものは『洗い』で食べるのがオススメ。

→『洗い』とは、スズキを薄切りにして身が白くなるまで氷水に入れ、余分な脂肪を落とす食べ方です。

 こうすると、刺身とは違った、歯触りのよい食感を味わうことができます。

シャキシャキ!(^^)!


写真のように、ひと手間を加えて、みょうが・大葉・梅肉などと一緒に食べてもおいしいです。

身が締まりあっさりとした食感のスズキに、さっぱりとしたものを加えれば、暑くて食欲がないときにぴったりのレシピになります。

ぜひお好みで試してみてください!





<スズキの栄養> 

・魚では珍しく、ビタミンAが豊富。
 皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きや、免疫力を高める働きもあります。

・スズキの皮にはビタミンDも豊富。
 骨や歯を丈夫にする働きがあります。


<スズキの栄養を活かしたレシピ>


『スズキのムニエル枝豆ソースがけ』


① 塩・コショウをふって30分ほど置いたスズキを、オリーブオイルで焼く。

② バター・醤油を混ぜる。

③ 枝豆・粉状のだしの素・水をミキサーにかけて作った枝豆ソースを添えたら完成!

彩りがきれいなので、おもてなし料理にもぴったりです。

スズキの皮に含まれるビタミンDが、枝豆に含まれるカルシウムの吸収を助けるので効率的に栄養を取ることができます。



スズキは三陸の大船渡でも水揚げされ、来月中旬頃まで多く出回るということです。

ぜひ、幅広い調理法を楽しんでみてはいかがでしょうか!



(*^_^*)


本日お届けしたのは 盛岡水産(株) 佐々木 優さんとNHK伊藤 彩キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。


皆様ぜひご覧ください。



次回(2016年8月23日)放送予定は 「ゴマサバ」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください

2016年7月30日土曜日

トウモロコシ(放送日7月26日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!黄色い粒に甘みがぎゅっとつまった 『トウモロコシ』 



この時期になるとスーパーなどでもよく見かけるトウモロコシ!
県内でも広く生産されており、今は県内産のものが多く出回っています。

今年は、まとまった雨が降ったことで天候に恵まれ、根のハリもよくおおむね生育順調です。
そのため、甘みの強いトウモロコシに育っています。

きょうは、県内で作られた2品種のトウモロコシを用意しました。


≪ゴールドラッシュ≫

主力品種
皮がやわらかいトウモロコシ」を目標につくられており、粒の皮は生で食べられるほどやわらかいのが特徴です。

質の高いさわやかな甘みがあり、穂先まで黄色く実が入り、人気の品種です。



生で食べてみます♪


やわらか~い !(^^)!

≪味来(みらい)≫


甘みのあるスイートコーン
見た目は小ぶりなのが特徴です。

薄い黄色粒で、並びはそろっていて実入りもよいです。

ほかのトウモロコシと比べて糖度が高く、平均糖度は12度以上で果実のように甘い味わいです。


【トウモロコシのおいしい食べ方】


品種を問わず、新鮮なトウモロコシは、まず生で食べてみるのがおすすめ!
自然の甘みを味わうことができます。

その後、ゆでる・焼く・蒸すなどの加熱調理で、さらに甘みが増します。

味来の場合のゆで時間は、約5分と通常のトウモロコシよりも少し短めにするのが目安です。


【トウモロコシを手軽に蒸す方法】




①皮をむいて、さっと水洗いし、塩をふる。
















②ラップでまいて、レンジへ入れる

1本につきだいたい5~7分加熱で、蒸しトウモロコシと同じようになります。


簡単においしいトウモロコシを食べられるのでぜひ試してみてください!





【トウモロコシの保存方法】

ある程度保存するならば、一度火を通して、冷蔵庫に保存するのがよいとされています。

トウモロコシの甘さは、一日ごと減っていくといわれています。
基本的には早く食べるようにしましょう!


【トウモロコシと相性抜群の食材と組み合わせた料理の紹介】


『トウモロコシピラフ』



①お米をといで、30分ほど水に浸す。

②鶏肉・たまねぎ・にんじん・ピーマンを角切りにする。

③炊飯器にすべての材料を入れて、その上に固形のスープの素を入れて炊いたら完成!


トウモロコシの甘みと鶏肉のうま味は相性抜群です。

良質のたんぱく質の鶏肉に、食物繊維たっぷりのトウモロコシを合わせることで栄養バランスアップに繋がります。


『トウモロコシとチーズのマフィン』



①ボールに薄力粉・ベーキングパウダー・スープの素・砂糖・塩を入れておく。

②卵・牛乳・油を入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

③トウモロコシと角切りにしたチーズを入れて型に流し込む。

④好みで黒コショウをふって、オーブンで焼いたら完成!


牛乳の淡泊なうまみがトウモロコシの甘みを引き立てます。

糖質とたんぱく質に、代謝を促すビタミンB群が豊富で、夏のだるさを解消してくれます。


【トウモロコシを選ぶポイント】

・持った時に重みを感じるもの

・皮つきのものは、皮の緑が濃く鮮やかなもの

ひげが多いもの (ひげが多いほど実がたくさんつく)


旬の時期においしいトウモロコシをたくさん召し上がってください!


(*^_^*)



本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)伊藤 尚樹さんとNHK渡邉 真佑子キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。



皆様ぜひご覧ください。



次回(2016年8月2日)放送予定は 「スズキ」 です。

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2016年7月25日月曜日

桃(放送日7月19日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!子供も大人も大好きな 『桃』 




桃がおいしい季節がやってきました。
今年は、桃の実が育つ5月に関東方面で安定した天候が続いたため、去年より豊作です。気温高い日が続いていることもあり、平年より一週間ほど早く出回っています。

今年は実も大きく、甘くて美味しい桃が期待できそうです。

きょうは、桃の生産量全国一位の山梨県産のもので、今、出荷ピークの品種「白鳳」と、これから出回り始める「白桃」の2種類を用意しました。


 「白桃」 

甘みが強く、実がやや硬いのが特徴で、比較的日持ちします。そのため、お盆の時期にかけて贈答用などに重宝される品種です。 年々出荷量も増えています。


そのまま食べても、もちろん美味しいのですが、きょうは「白桃」の甘みを活かしたおやつレシピをご紹介します。

『白桃のヨーグルトムース』

作り方>
①ヨーグルトに桃リキュール・ゼラチンを加え、氷が入ったボウルの上で冷やしながら、とろみがつくまで混ぜます。
②泡立てた生クリームを加え、冷蔵庫で冷やし固めます。
③一口サイズに切った白桃をのせ、もう一度冷やしたら完成です。

このレシピは、白桃の甘みを活かして作られています。白桃の自然な甘さで十分においしいです。さらに、ヨーグルトの酸味とのバランスが取れていておいしいです。しっかりとした実の歯ごたえがムースと相まって食感も相性もピッタリです。

見た目も涼しげで暑い日にいいですね。




 「白鳳」 

白鳳は山梨県で生産される桃の半分以上を占めています。市場でも最も多く出回る主力品種です。酸味が少なく、果汁が多いのが特徴です。そのため熟れやすいので、早めに食べるのがオススメです。

白鳳の特徴を活かしたレシピをご紹介します。

『桃の冷製スープ』

<作り方>
①小さく切った桃と、ヨーグルト・ハチミツ・レモン汁をすべてミキサーに入れて混ぜ合わせます。
②冷蔵庫で冷やしたら完成です。

熟れやすい白鳳。食べきれないときにススメのレシピです。果汁たっぷりで、香りも味も引き立ちます。


 ✰おいしい桃の選び方✰ 

果点といわれる白い点々がついているもの。これは太陽にしっかり当たるとできるものです。全体に果点が散らばっていると甘い確率が高いです。
写真がボケてすいません。m(__)m

香りが強いものは食べ頃の証です。


桃は品種を変えながらお盆くらいまで味わえます。あと一週間ほどで、福島県産の「あかつき」など品種が出回ります。是非、楽しんでください。



ちなみに、桃は皮の回りが一番甘いとのことです。
気にならない方は皮をよく洗ってそのまま丸ごと食べるのもおススメです。





( ^)o(^ )


本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)浅沼 一志さんとNHK伊藤 彩キャスターでした!



「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。


皆様ぜひご覧ください。


次回(2016年7月26日)放送予定は 「トウモロコシ」 です。

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

アジ(放送日7月12日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は、家庭料理でお馴染みの魚、この時期は特に脂がのっている 「アジ」です。




アジは、産卵を前に身を肥やすため、春から夏のこの時期は特に脂の乗りがいいです。今年は海の状態や天候も良く、昨年と比べて漁獲量は多くなっています。

アジには大きくわけて、2つの種類があります。

★深い場所で回遊する『クロアジ』
全体が黒っぽく、やや頭が大きく、細長いです。脂は少なめですが、身はモチモチ感があって香りも良いです。暖かくなる春から夏にかけて北上するため、今の時期は宮城県など三陸でも水揚げされています。

★浅瀬にいて回遊しない『キアジ』
よく見られる真アジのことです。背中が黄色っぽいのが特徴で、小ぶりですが、脂が乗って旨味が強いです。キアジは、九州を中心に南の方で獲れるものがほとんどです。こちらは長崎県で獲れたものです。






<おいしいアジの見分け方>

★鮮魚の場合
・目が黒く、目の周りに透明感のあるもの。
・まるまると太っていて身や腹が硬くしっかりしているもの。
・全体に光沢とハリがあるもの。

★アジの開きの場合
・開いた状態で全体が丸く、腹の部分や背骨の回りが白っぽいものは脂が多い証拠。
・身から骨が浮いているものは避けましょう。


<アジのおいしいいただき方>
キアジは小ぶりですが、脂がのっているので刺身やサラダ向き。

クロアジは脂は少ないですが、身がしまっていて味わいがあり、フライやソテーに向いています。


<アジの栄養素>
・これからの時期、夏バテなどの疲れに効くタンパク質が豊富で、ビタミンB群が多く含まれています。
・青い魚特有の「EPA」が血液をサラサラにし、動脈硬化の予防につながります。

栄養満点のアジ、夏に負けない体づくりに一役買ってくれそうです。


<アジの栄養を逃さずにいただけるレシピ>
アジは空気に触れると酸化しやすい特徴があります。
そのため、酸化を防ぐ働きをもった食材と組み合わせた料理をご紹介します。

『アジのタタキ豆腐ダレ風味』

①アジを3枚に下ろし、お好みの厚さに切り分けます。
②すり鉢に大葉・小ネギ・ミョウガ・生姜・ワサビ・ニンニクを加えてよくすります。
③②に水切りした豆腐とポン酢を加えてまんべんなく混ぜ合わせます。
④それを①のアジにかけたら完成です。

大葉やネギ、生姜は抗酸化作用のある物質が含まれています。
豆腐と混ぜ合わせることでまろやかになり、さっぱりといただけます。


『アジの素揚げサラダ』
①アジは中骨を抜いて一口サイズに切ります。
②塩・コショウで下味をつけ、小麦粉を薄くまぶして180℃の油で揚げます。
③トマト・キュウリを1センチサイズに切り、パセリ・レモン汁・オリーブオイルを混ぜたドレッシングをかけて完成です。

こちらも酸化を防ぐビタミンCの入ったレモン汁や、抗酸化作用のあるビタミンAを含むトマトやパセリと一緒に和えることで、アジの栄養を損なうことなく味わえます。

食材の組み合わせを工夫することで、より栄養の吸収率も高まるんですね。


日中は暑く夜は寒く 、気温差が大きいため体調を崩しやすい時期です。是非、こういった魚料理をうまく食事に取り入れて乗り切ってほしいと思います。


(^o^)丿


本日お届けしたのは 盛岡水産(株) 佐々木 優さんとNHK渡邉 真佑子キャスターでした!

「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。


次回(2016年7月19日)放送予定は 「桃」 です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください

2016年7月11日月曜日

ナス(放送日7月5日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!ツヤとハリがあります。夏野菜の代表格! 『ナス』



今年の作柄は順調です。ナスの実が育つ春先に気温がグンと上がったので、生育が良く、実も締まっています。ナスは、県内では県南地方で盛んに栽培されています。東北でも有数の出荷量を誇り、これから出荷のピークを迎えます。

左側 「米ナス」   右側 「中長ナス」

きょうは、高知県産の「米ナス」と、県内で露地栽培されるナスの中で、最も定番の「中長ナス 」の2種類を用意しました。

先ずは米ナスから.....


【米ナスの特徴】
アメリカの「ブラックビューティ」という品種を日本で改良したもので、「米」は米国の字から名づけられたとも言われています。肉厚でしっかりとした食感なので、加熱料理に向いています。

米ナスの特徴を活かしたレシピは
「まるごと米ナス夏野菜グラタン」   米ナスの皮がそのまま丸ごと器として使われています。

〔作り方〕
①米ナスを半分に切り、中味をくり抜きます。くり抜いた中味を一口サイズに切り、油で炒めます。
②ホールトマトを塩・コショウを加えて一煮立ちさせます。
③皮の器の中に火を通した豚肉・炒めたナス・ホールトマトを入れ、お好みで夏野菜を入れます。
④ピザ用チーズをまぶし、200℃のオーブンで15分ほど焼いたら完成です。


皮が硬くしっかりしているので加熱しても崩れません。お好みの夏野菜で、野菜をたくさんとれる上に彩りも綺麗です。ちょっとしたおもてなし料理としても喜ばれそうです。


次に中長なす....

【中長ナス】
皮・中味とも程よい柔らかさで煮物・焼き物・揚げ物などさまざまな料理に合うことから、県内全体の出荷量の8割以上を占めるほどの主力品種です。

暑い夏にピッタリなレシピ
「ナスと豚肉の甘酢炒め」
〔作り方〕
①ナスと豚肉を食べやすい大きさに切ります。
②先にナスから炒め、火が通ってきたら豚肉を加えます。
③醤油・酒・酢・砂糖・水・おろし生姜・おろしニンニクを加え、最後にインゲンを加えてさっと炒めたら完成。

ナスはスポンジのように旨味を吸いこむので肉類などの旨味が強い食材と相性がいいです。また、ナスには体をクールダウンさせる効果があり、豚肉には疲労回復に効果のあるビタミンB1が豊富なので夏バテ対策にピッタリのレシピです。
酢が効いていてさっぱりしているから食欲がないときも進みそうです。

<調理するときのポイント>
煮たり焼いたり万能なナスですが、よりおいしくするためのポイントをご紹介します。


切り口に油を塗ることです。
ナスは90%が水分です。組織が粗いので、切ってから放置すると水分の蒸発が早く、変色してしまいます。油を塗ることで水分の蒸発を防ぎ、なめらかさと風味を高めることが出来ます。
 

県内産の露地栽培のナスは10月頃まで出回ります。

(^o^)丿


本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)鎌田 広正さんとNHK伊藤 彩キャスターでした!


「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。


皆様ぜひご覧ください。


次回(2016年7月12日)放送予定は 「アジ」 です。

※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください。

2016年7月8日金曜日

スイカ(放送日6月28日)

盛岡市中央卸売市場から旬のおいしい食材をご紹介する「とれたて市場だより」。
本日紹介する食材は!日本の夏の風物詩。真っ赤な果実 『スイカ』



市場では、4月からハウス栽培の熊本県産のスイカが出回り始めます。そして、6月から7月下旬にかけては、露地栽培のものが出回ります。
きょうは今が出荷のピークとなっている千葉県産のものを用意しました。

今年は、晴れの日が多く、気温の高い日が続いたため、生育も良好です。例年より2~3日早い出荷となっています。


<おいしいスイカを見分けるポイント>
①大きさです。なるべく大きいものを選びましょう。大きいものは甘味が強いです。
②模様がハッキリしていてギザギザのうねりが強いものがいいです。
③スイカのお尻の部分。花が付いていた花落ちの部分が10円玉位の大きさが食べ頃です。

 
<スイカのおいしいいただき方・効果的ないただき方>

・スイカは買ってからできるだけ早く食べる方がおいしいので、新鮮なうちに召し上がってください。


・夏はやはり冷やして食べるとおいしいです。
スイカの最適な温度は15℃程度冷水などで冷やすと、よりおいしくいただけます。


・暑い夏に効果的な食べ方は、塩をかけて食べることです。 塩分を加えることで、汗によって失われた体内の塩分の補給にもつながります。
・また、スイカは90%以上が水分です。その水分には、糖分やカリウムなどのミネラルが含まれています。果糖やブドウ糖はエネルギー転換が早いため、夏の暑さで疲れた体を癒すには、スイカを食べると即効性があります。
 <スイカの皮の栄養分>
スイカは果肉だけでなく、皮にも栄養があるんです。果皮部分には、アミノ酸の一種のシトルリンが多く含まれています。シトルリンはウリ科の植物に多く含まれており、血管を拡張させる効果を持ちます。血流を改善する効果があり、むくみや冷えの解消効果に繋がります。
皮には、シトルリンが果肉に比べて2倍多いとされています。



きょうはスイカを余すことなく丸ごと使ったレシピをご紹介します。

『スイカ白玉』


<作り方>
①スイカシロップを作ります。すりつぶしたスイカにシロップ・レモン汁を混ぜます。
②白玉を作ります。スイカの皮をおろしておき、水と白玉粉を混ぜて玉にして茹でます。
茹であがった白玉を冷やし、スイカシロップの中に入れて、お好みでチョコチップをふりかけて完成です。
 
皮をすりおろしておく

白玉にスイカの皮練り込んでるため、果肉と皮の栄養を無駄なくることが出来ます。 


夏の暑さを乗り切るのにピッタリなスイカ、余すことなくおいしく召し上がってください


ちなみに,県内産のスイカは,滝沢スイカが7月下旬から出回ります。


(^o^)丿


本日お届けしたのは 丸モ盛岡中央青果(株)北田 光博さんとNHK渡邉 真佑子キャスターでした!

「とれたて市場だより」は、月曜日~金曜日の午後6時10分~7時のNHK総合「おばんですいわて」内で火曜日に放送しています。

皆様ぜひご覧ください。

次回(2016年7月5日)放送予定は 「ナス」です。
※国会中継等で休止になる場合があります。ご了承ください